屋根工事

葺き替え工事とは、既存の屋根材を取り除き、新しい屋根材に交換すること。
屋根の耐久性は、永久ではありません。四季の変化や雨風・紫外線に長い間さらされ、屋根材の一部が壊れてしまったり、ズレや浮きが生じてしまいます。

施工する商材により10年前後から、数十年の耐久性で、これも立地条件の気候風土や お客様の屋根メンテナンス状況により寿命を延ばすことも可能です。
また、屋根材もたくさんの種類があります。日本瓦・セメント瓦・スレート・ガルバリウム・銅板などさまざま。
慣れ親しんだ今と同じものでも、別の屋根材でもそれぞれ丁寧にご説明し、施工を承ります。

屋根の種類と特徴

◆和瓦
日本の気候にぴったりな陶器瓦は、まだまだ人気な屋根材。
50年以上といった長い耐久性を持ち、火や突風にも負けない頑丈さ、塗装のメンテナンス不要など、一度葺き替えると長期的に耐久性を保てます。

メリット
重量感・質感・メンテナンス性(破損しても1枚単位で交換できる)・耐久性と強度が高く、和風住宅によく似合う点など。

デメリット
金額がセメント系(カラーベスト)や金属屋根に比べるとやや割高になります。
定期的なメンテナンスが必要なことや重量が重いなど。


◆洋瓦
洋風住宅で多く採用されるようになり、「F形」のFは「Flat」を指し、平面を意味しています。
屋根材の中では単価が最も高く、耐久性も高く50年以上といわれています。
複雑なデザインの洋瓦の陰影を生かした屋根などは、高級感もあり、贅沢なつくりになります。

メリット
耐久性が高く、防火性や防音性にも優れています。現代的なデザインとバリエーション豊かな色が選べるといったメリットがあります。

デメリット
他の材料と比べて価格が高いこと、比較的重いために地震に対して不利になる要因となることです。


◆金属系
日本の屋根材として、徐々にシェアを伸ばしているのが化粧スレート。
加工しやすく、とても軽量で耐震性があり、お好みの色に塗り替えることができます。

メリット
屋根勾配が緩くても問題なく施工が可能。デザイン性が豊かな点や工事単価が比較的安価(品物にもよります)

デメリット
金属製なので年数や立地条件により錆びたりするため、定期的なメンテナンスが必要。
熱伝導率が高く、断熱性や遮音性が低いため、雨音が気になることもあります。葺き替え工事とは、既存の屋根材を取り除き、新しい屋根材に交換すること。
屋根の耐久性は、永久ではありません。四季の変化や雨風・紫外線に長い間さらされ、屋根材の一部が壊れてしまったり、ズレや浮きが生じてしまいます。


 

一覧ページに戻る