屋根・外壁塗装

こんな症状は要注意!屋根のセルフチェック

□屋根の変色
雨風や直射日光にさらされることで、徐々に変色や色あせを引き起こします。
この段階ではまだまだ防水効果は機能していますが、塗り替え時期が近付いている証拠です。

□塗装の剥がれ
屋根の塗料が剥がれはじめたら、そろそろ防水効果が低下してきている証。
さらに症状が進行する前に塗り替えを行いましょう。

□サビ・コケ・カビ
塗膜が剥がれることで防水性が弱くなり、サビやコケ・カビが発生。
劣化した塗膜を餌にどんどん繁殖していき、さらに防水性を損ねてしまいます。
屋根材自体を傷めかねませんので、早急に塗り替えましょう。

□屋根材のひび割れ
屋根にひび割れが起きてしまうと、防水上のリスクが大きくなります。
いつ雨漏りを引き起こしてもおかしくないため、早急に補修の上、屋根塗装をする必要があります。

ご自身で屋根のチェックが行えない場合

屋根は高い所にあるため、ご自身では中々確認できない場合もあるのではないでしょうか?
そんな時は、外壁の状態見てみてください。

屋根は外壁よりも過酷な環境下にあるため、外壁に気になる症状があれば、屋根にも同様の症状が起きている可能性が大きいのです。
まずは外壁のチェックを行い、外壁塗装と屋根塗装を同時に行ってもいいかと思います。

また、外壁塗装と屋根塗装を同時に行えば、足場工事にかかる費用を抑えることも可能です。

こんな症状は要注意!外壁のセルフチェック

□外壁の色あせ
塗装表面のツヤがなくなり、色褪せていませんか?
早急に塗り替えを必要にする程度ではありませんが、防水性や防錆性の効果が落ち始めている証です。

□外壁に触れると白い粉が付く
外壁を触ってみて、手に白い粉が付いた経験はありませんか?その正体は粉状になった塗料です。
紫外線によって塗膜が分解され、外壁を保護する力が失われています。
この時点が塗り替え時期のベストタイミングです。

□コケ・カビ
湿気の多い場所・日当たりの悪い場所をチェックしてみてください。
そのようなところにコケやカビが発生していたら、すでに塗料の防水性・抗菌性が切れている証拠です。

□塗装の膨れ
工事の際、水分が残っていた場合によく起こる症状。
施工期間に湿度の高い梅雨時期と重なっていた場合に多く見られます。

□塗装の剥がれ・めくれ
膨れと同じく水分が残っていた場合に起こりやすいものですが、外壁に合っていない塗料を使用した場合にも症状が見られます。

□外壁のひび割れ
「外壁をよく見てみると細かなひび割れが沢山ある」というご家庭も意外と多くございます。
この段階では既に外壁を保護していた塗膜が失われて、お住まいは無防備な状態です。
小さな隙間から建物内部に水分が浸入してしまうため、放っておくと建物内部が腐食していきます。

□雨漏り
原因不明の雨漏りでお悩みの場合は、外壁にひび割れなどがないかチェックしてみてください。
屋根が原因になっていると思われがちですが、外壁が原因のケースも珍しくはありません。

一覧ページに戻る