兵庫県川西市S様邸 屋根漆喰交換工事

今回は兵庫県川西市での屋根漆喰交換工事をご紹介いたします!

瓦屋根の棟の熨斗瓦は「葺き土」と呼ばれる粘土の土台に乗っています。

この棟の熨斗瓦の土台になっている「葺き土」が雨や風で外に流れ出ないように固定しているのが漆喰です。

漆喰が剥がれるなどの劣化は雨漏りの直接的な原因にはなちませんが、放置すると熨斗瓦(棟の瓦)が沈んだり、棟が崩れてしまう原因になります。

 

その為に初期段階での漆喰交換などがとても必要になってきます。

 

★ ☆ 屋根漆喰貼替 ☆ ★

 

施行前のお写真です。

ところどころ剥がれてしまっています。

 

 

既存の漆喰を撤去していきます。

既存の漆喰の上から新しく詰めてもすぐに剥がれる原因になります。

その為、既存の漆喰をすべて綺麗に撤去することが大切です。

~棟面土漆喰貼り~

↓2階屋根部分↓

↓下屋根部分↓

 

全て綺麗に撤去後に新しい漆喰貼り作業を行います。

貼り終えた後のお写真を各部分でご紹介いたします。

↓2階屋根部分↓

 

↓下屋根部分↓

 

~壁面土~

↓下屋根部分↓

 

~役物漆喰~

↓2階屋根部分↓

 

↓下屋根部分↓

 

 

見た目を良くするために、漆喰を多めに塗ってしまうと本来の箇所よりも漆喰が飛び出してしまい、その部分が雨水にあたり、漆喰の崩れの原因になります。

その為、見た目が綺麗でありながら漆喰の崩れを起こさないように適量で行うことがとても重要です。

 

漆喰の劣化を放置せずに初期段階で交換などの補修を行うことをお勧めします。

放置してしまうと熨斗瓦が崩れてしまったりなどの崩れてしまってからの補修となりますと、やはり補修代金も多くかかってしまいます。

 

早い時期で見つけるためにも定期的なメンテナンスがとても重要です

 


一覧ページに戻る