大阪府大阪市 T様邸屋根カバー工法工事

~屋根工事について~

一般的に屋根の修理工事には

・屋根の塗装工事

・屋根の葺き替え工事

・屋根のカバー工法

の3種類があります。

 

10年以上経つと、色が剥げや錆がついてしまって見た目も悪くなりますが

屋根の塗装によって見た目を新しくし、屋根材の保護・強度はあげる事ができます。

 

しかし、雨漏りや屋根のゆがみ・割れ等がある場合、屋根の交換工事などが必要となってきます。

その際に行う工事が屋根の葺き替え工事か屋根のカバー工法工事となります。

 

今回は屋根のカバー工法工事についてご紹介いたします。

 

屋根カバー工法工事とは

簡単に言いますと現状ある屋根材に新しい屋根材を上から重ね張りをする屋根工事になります。

スレート瓦や金属の平らな屋根にのみすることの出来る工法で

昔の分厚く、波打っているような屋根には基本することができません。

 

屋根カバー工法の施工について

 

まず施工前のお写真です。

 

 

まず板金を撤去していきます。

 

 

板金を撤去後に既存屋根材の上から新しい下地材(防水シート ゴムアスルーフィング)を貼っていきます。

 

すべてに下地材を貼り終えると、その上に新しい屋根材を新設していきます。

今回は・・・ニチハの横暖ルーフαプレミアムSの色がFブラウンSを使用いたしました!

 

次に新しい板金を設置するための下地材(貫板)を新設していきます。

 

下地材に板金を設置し、最終チェックを行い施工終了です。

 

今回のカバー工法の最大のメリットは、現在の屋根と下地材を剥がす手間がない為

撤去費や屋根材の処分費がかからないので屋根の葺き替え工事と比べると費用が抑えられます。

他にも、工事期間中の雨漏りのリスクがない事や工期が短いこともメリットです。

 

ですがデメリットもあります。

一度カバー工法を施した屋根材の上に、さらにカバー工法による屋根材を張り付けることができないので、今度の修理工事は、葺き替え工事になってしまうという事です。

 

カバー工法だけではなく、塗装や葺き替え工事にもメリットデメリットがありますのでいろいろな方法の中から現在の状況や将来の工事予定等をふまえて施工することが大切です。

 

ご自宅にどの方法がいいのか迷われている場合などございましたら

無料相談無料見積1度お問合せくださいませ。


一覧ページに戻る