兵庫県宝塚市 N様邸階段・アプローチタイル工事

今回は、兵庫県宝塚市での階段・アプローチタイル工事をご紹介いたします!

 

まず施工前の階段・アプローチのお写真がこちらです。

まずこちらの既存のタイルを撤去していきます!

撤去後のお写真がこちらです。

撤去後に下地処理(不陸調整)を行います!

 

不陸調整とは、、、不陸とは平ではなく凹凸があることで、

          面が平らでない場合や、打設したコンクリートの表面が平らではなく

          凹凸がある状態の事をいいます。

          この不陸をなくして平滑にすることを不陸調整といいます。

          また、下地の段階で補修を行わないと、仕上げ面に影響が出る為、大切な工程です。

 

下地処理後にタイルを新設していきます。

ゴムハンマー部分で叩いたり、手で押さえたり

力加減を調整しながら丁寧に圧着していきます。

 

縦・横・高さがフラットになっているか、目地部分(タイルとタイルの隙間)の幅が均一に

なっているか等を1枚1枚確認しながら慎重におこなっていきます。

 

 

すべてのタイル張り作業が終わると目地(タイルとタイルの間の隙間)に

目地材を詰めてタイルを洗っていきます!

 

全ての作業が終了後のお写真です!

とてもおしゃれな仕上がりになりました。

今回はLIXILレガーロというタイルを使用いたしました!

デジタルプリント技術で天然石を忠実に

再現したもので角の大きな形状が迫力ある空間を演出することができます。

 

~BEFORE~

~AFTER~

~BEFORE~

~AFTER~

~BEFORE~

~AFTER~

~BEFORE~

~AFTER~
~BEFORE~

~AFTER~

 

タイルの工事に加えてポスト裏蓋が破損していたので交換も行いました!

~BEFORE~
     

~AFTER~

タイルが剥がれてしまっている場合、放置してしまいますと水分が入り込み他のタイルの剥がれの原因につながります!

1枚剥がれだしますと次々に、、、となる前に剥がれた部分のみでも修繕を行う方が後々安く済む場合もございますので一度お家のタイルの状態を確認することも大切なことです。

 

 

 


一覧ページに戻る